会社情報

会社沿革

沿革

創業~昭和時代

1952年(昭和27年)

前泉澤央、大阪にて国元商会を創業する。

1959年(昭和34年)

株式会社国元商会 設立。

木造だった頃の旧本社

木造だった頃の旧本社

1966年(昭和41年)

クサビ式の型枠締付金物特許
「KSタイS型」を開発。

開発当初のKSタイS型

開発当初のKSタイS型

1967年(昭和42年)

1972年(昭和47年)

本田工場(川口工場)
本社ビル・商品センターを
大阪市西区に建設。

旧本社ビル

旧本社ビル

1976年(昭和51年)

東京営業所を東京都世田谷区に開設。

1982年(昭和57年)

鶴見工場を大阪市鶴見区に建設。

1986年(昭和61年)

本社機能を大阪市鶴見区の鶴見工場に移転し、
本社及び工場として稼働。

平成~現在

1989年(平成元年)

株式会社クニモト札幌を設立。(販売会社)

1991年(平成3年)

東京営業所を東京支店に昇格。

1993年(平成5年)

財団法人日本発明振興協会より
考案功労賞を受賞。

(上)前泉澤央 新会長(下)前泉正信 新社長就任当時

(上)前泉澤央 新会長
(下)前泉正信 新社長
就任当時

1994年(平成6年)

工場の合理化推進と職場環境快適化推進工事が完了。 九州営業所を福岡市博多区に開設。
KSコ型クランプが業界初の科学技術庁長官賞を受賞。

1995年(平成7年)

阪神・淡路大震災による被災者に衝立一千枚を寄贈。
前泉澤央会長 黄綬褒章を授与。

田中真紀子科学技術庁長官
(当時)から黄綬褒章を授与
される前泉澤央 会長

田中真紀子科学技術庁長官(当時)から黄綬褒章を授与される前泉澤央 会長
1998年(平成10年)

KSダイカラット工法が住宅金融公庫の承認を受ける。
新工場「ANNEX」が大阪市鶴見区に竣工。

1999年(平成11年)

KS社員持株会を新設。

2000年(平成12年)

ISO9001の認証取得。

2002年(平成14年)

東京支店を東京都千代田区に移転。

2004年(平成16年)

耐震補強金物「コボット」が 国土交通大臣認定を取得。

「KSコボット」が国土王通大臣認定を取得

「KSコボット」が国土王通大臣認定を取得

2005年(平成17年)

竹炭成型パネル「カルボボード」が国土交通大臣認定を 取得。

2008年(平成20年)

本社工場近隣に物流センター建設。

2008年(平成20年)

検査室も併設したテクニカルルームの新設。

2009年(平成21年)

創立50周年を迎え、50周年史の発行。

50周年誌を見る(デジタルカタログ形式)

50周年史を見る
(デジタルカタログ形式)

2010年(平成22年)

本社工場内に、ミュージアム新設。

2011年(平成23年)

協同組合ケトラファイブの事業継承、鹿児島工場として稼働開始。

2012年(平成24年)

鹿児島工場、竹チップの生産事業開始。
精密成型機、UL4000(KN)プレス導入。

2013年(平成25年)

太陽光発電による売電事業の開始。    (創エネ)
工場・事務所を全面LED照明に切り替え。(省エネ)

2014年(平成26年)

新社内情報基幹システム(COMPASS)稼働開始。

「KSダイカラット・靭(JIN)」がステンレス協会賞を受賞。

「KSダイカラット・靭(JIN)」ステンレス協会賞受賞

「KSダイカラット・靭(JIN)」ステンレス協会賞を受賞

2015年(平成27年)

兵庫県加東市でのメガソーラー発電開始。

2016年(平成28年)

地熱を利用した新しい空調設備(GEOパワーシステム)の導入

株式会社国元商会【会社案内】
 クニモト50年の歩み「師は自然に在り」

このページの先頭へ