健康百年住宅

シックハウスを防ぐ!

シックハウス症候群 ~新築・改築後に発症、様々な症状を引き起こす~

診断、治療法も確立されていない恐ろしい症状です

「シックハウス症候群」とは、住宅の高気密化による換気不足、建材や家具等から放散される化学物質そして暖房器具などの燃焼ガス等により、室内空気が汚染され、居住者が体調不良を起こす、その様々な症状をいいます。特に新築・改築後の住宅やビルにおいて多く生じています。

シックハウス症候群による様々な症状
シックハウス症候群による様々な症状
シックハウス症候群は、体調不良を引き起こしている建物から外へ出ると症状が軽減あるいは消失し、さらにその中へ戻ると症状が再発します。症状には、

1. 目、鼻、のどの痛み
2. 頭痛、吐き気、めまい
3. 皮膚の紅斑、じんましん、湿疹
4. 疲労感、脱力感
5. 気管支や肺などの呼吸器障害

などが挙げられます。症状が多様で、症状発生の仕組みをはじめ、未解明な部分が多く、診断、治療法も確立されていません。

「KSカルボボード」がホルムアルデヒド等の有害化学物質を吸着

シックハウス症候群による様々な症状
KSカルボボード
「KSカルボボード」はシックハウス症候群の主な原因となる、ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質を吸着・除去する働きを持ち、空気清浄効果を発揮します。また、調湿効果や防臭効果も合わせ持つ、完全な自然素材ですので、住宅のみならず病院や学校などの公共施設等でも幅広く使用されています。

吸着性能 調湿性能 快適性能 自然素材天井・床・壁に「炭」の清浄健康効果「KSカルボボード」
有害物質を含まない安全な自然素材で作られたカルボボードは様々な健康効果を持ち、住宅のみならず病院や学校などの公共施設等でも幅広く使用されています。

「KSカルボボード」自然素材の健康ボードで空気がキレイ。

KSカルボボードの詳細はこちら

このページの先頭へ

デジタルカタログ「資材辞典」
◇ 過去の資材事典はこちら ◇
2012  2010  2007 

お問い合わせ
株式会社国元商会
MAP本社
大阪府大阪市鶴見区
今津北三丁目4番27号
お問い合わせ