健康百年住宅

結露も心配・・・

結露による被害連鎖 ~20~30年で土台が腐る!~

人も家も土台が肝心

阪神・淡路大震災の被災家屋
カビが繁殖した土台部分
湿気の多い日本の風土にあった住宅の基礎・土台構造として、従来は、石を置いてその上に柱を立て、床下を高くすることで通風を良くし、湿気を防いでいました。ところが昭和46年の建築基準法の改正で、コンクリート布基礎上に木を横にして、直接土台を緊結する方法が採られ、風を通すためコンクリートの一部を切り欠き換気口を設けることになりました。
しかし、木を直接コンクリートに緊結すると、20~30年で土台は腐ります。

「KSダイカラット・プラス」が床下の通気性を大幅に改善

これを防ぐのが「ダイカラット工法」。床下の風通しを良くし、土台を護って建物の寿命を延ばします。
「KSダイカラット・プラス」は、木造軸組工法だけでなく、木造ならツー・バイ・フォーやログハウスにも使用できます。

床下全周・前方向の通気を確保した「ダイカラット工法」
切り欠き工法の通気状態ダイカラット工法の通気状態
入口で風量が限定され、かつ内部での風流も緩慢な切り欠き工法に比べ、ダイカラット工法では、それらの制約を受けない為、内部まで安定した通気を確保、湿気や腐食、白アリ、ダニ、カビの発生を抑制します。

「KSダイカラット・靭(JIN)」は結露を防ぎ、あなたの家を守ります。

KSダイカラット・プラスの詳細はこちら 製品情報ページへ

このページの先頭へ

デジタルカタログ「資材辞典」
◇ 過去の資材事典はこちら ◇
2012  2010  2007 

お問い合わせ
株式会社国元商会
MAP本社
大阪府大阪市鶴見区
今津北三丁目4番27号
お問い合わせ